入国管理局へのビザ申請 外国人の雇用、招へい、永住 日本国籍・帰化 日本観光・商用ビザ 国際結婚・離婚 オーバーステイ 会社設立

ビザ、帰化申請のご依頼

ビザ、帰化(日本国籍取得)申請のご依頼方法

〜ご相談から許可取得までの大まかな流れ〜

入国管理局への各種申請は、東京入国管理局長の承認を受けた行政書士が行います。一部業務を除いて、相談から許可取得まで原則としてご依頼人は入国管理局へ行く必要はありません。(注1)


(注1)在留特別許可、帰化申請については代理申請は認められていません。ご本人が直接、入国管理局や法務局に出向いて、書類を提出する必要がありますが、行政書士が同行します。




1.まずは、お問い合わせ(ご相談)から


■電話でのお問合せ

03−6657−8193/080−5089−4033




■メールでのお問合せ


*メールでのお問い合せは意思疎通が難しく、お答えできる内容に限りがあります。一般的な回答になってしまいますので、その旨ご了承ください。

*メールを頂いてから3営業日以内に、メール回答しております。3営業日を過ぎても返信がない場合には、メールが届いていない可能性がありますので、再度、お問い合わせください。

*メールフォームに日本語でご記入の上、送信してください。




■面談相談
お電話、メールで面談相談の予約をお受けします。面談相談は有料で、出張相談もお受けしています。状況を詳しく伺い、見通しや解決策をご提案いたします。



  ↓



2.業務のご依頼


ご相談の結果、ご依頼いただく場合には、概ね次の4つがあります。


1.書類作成から入国管理局・法務省国籍課への申請をご依頼

2.書類作成のみご依頼

3.理由書などの作成をご依頼

4.その他(アドバイスのみ継続して受けたい等)



  ↓



3.料金(行政書士報酬)のお支払い


着手金をお支払い頂き、作業に着手します。お支払い方法・回数につきましては、個別の条件によることも可能ですので、ご相談下さい。



  ↓



4.作業に着手


ご依頼人にご準備頂きたい書類をご案内します。平行して当事務所で申請書類等の作成をいたします。ポイントとなる書類を確認頂いた後、当事務所が入国管理局へ申請します。ご依頼人は原則、入国管理局へ行く必要はありません。(注1)



  ↓



5.入国管理局で書類審査

入国管理局より、追加資料の提出などが発生する場合は、ご依頼人と相談の上、当事務所にて提出いたします。



  ↓



6.審査結果の通知


申請結果は、当事務所に直接きます(注2)ので、速やかのご依頼人へお知らせします。残金のお支払いを確認後、在留資格認定証明書のお届け、お預かりしたパスポートをご返却します。ビザの受け取りも当事務所が行いますので、ご依頼人が入国管理局へ行く必要はありません。以上で当事務所の作業は終了します。




  ↓



7.その後(業務完了後も何かありましたら、ご連絡ください。)




(注2)在留特別許可、帰化申請の結果は、関係機関からご本人に直接連絡がきますので、ご自身でビザや帰化者の許可書を受領して頂くことになります。