入国管理局へのビザ申請 外国人の雇用、招へい、永住 日本国籍・帰化 日本観光・商用ビザ 国際結婚・離婚 オーバーステイ 会社設立

親子

子供の国籍や認知についての予備知識



外国人夫(妻)と親子関係にまつわるQ&A


Q1 

日本人と外国人の間に生まれた子供の国籍はどうなりますか?

A1 

国籍法の規定では、「出生の時に父又は母が日本人であるとき」に、その子供は日本国籍を取得するとなっています。但し、外国で子供を生んだ場合、国籍留保届けをしないと、日本国籍を失うこともありますので、注意してください。





Q2 

私は、外国人女性です。日本人男性の子供を妊娠しましたが、日本人男性は妻子がいるため、私と結婚できません。子供に日本国籍をとらせたいと思っていますが、どうすればいいですか?



A2 

胎児認知をして下さい。胎児認知(たいじにんち)とは、子供がお母さんのお腹にいる間に日本人の父親が認知をすることです。胎児認知をすると、出生と同時に子供さんは日本国籍を取得できますが、胎児認知には、母親の承諾も必要となっています。




Q3 

私は、外国人女性で未婚です。日本人男性との間に3歳になる子供がいますが、胎児認知をしていないため子供は日本人ではありません。日本で生活していますから日本人として育てたいと思っています。何か方法がありますか?


A3 

この例のように、日本人男性が胎児認知をせずに子供が生まれた場合、子供は日本国籍を取得できません。子供が生まれた後に、子供を認知してもそれだけでは、子供は日本国籍を取得できません。


しかしながら、日本国籍を取得する方法が全くないかというと、そうではありません。出生後に子供に日本国籍を取らせるには次の方法があります。


1.準正による日本国籍の取得
子供が未成年のうちに準正(じゅんせい)によって嫡出子となった場合、届出によって、子供は日本国籍を取得することが出来ます。

準正とは(1)父が子供を認知しその後2人が結婚する。(2)結婚後、両親が子供を認知します。


この2つの方法によって、子供さんは日本国籍を届出によって取得できます。



2.帰化による国籍取得
 一般の外国人が帰化するよりも、帰化条件が緩和されています。





Q4 

私は、アメリカ人と結婚している日本人女性です。アメリカで子供を生みますが、生まれてくる子供には、日本とアメリカの2つの国籍をとらせるつもりです。何か注意する点はありますか。


A4 

生まれた子に国籍を与える制度は血統主義と生地主義の2つに大別されます。血統主義は、父や母がその国の国籍を持っていれば、生まれた国にかかわらず、その子供に国籍を与えるもので、日本、フランス、イタリアなどで採用している制度です。


一方、生地主義を採用している国は、アメリカ、カナダなどで、両親の国籍にかかわらず、その国で生まれた子供に対して、国籍を与えるものです。
従って、ご質問のケースでは、子供さんは2つの国籍を持つことになりますが、日本国籍を失わせないために、次の届けをして下さい。


1.子供の出生日から3ヶ月以内に国籍留保届けをして下さい。


国籍法12条「出生により外国の国籍を取得した日本国民で国外で生まれたものは、戸籍法の定めるところにより日本国籍の留保をする意思を表示しなければ、その出生の時にさかのぼって日本国籍失う」とあります。日本国籍を喪失させないための手続きです。


出生日から原則、3ヶ月以内にその国にある日本大使館(領事館)に出生届と共に国籍留保の届けもしますが、本籍地の役所への届出でも構いません。
天災その他責めに帰すべき事由があり、3ヶ月以内に届出が出来なかった場合には、その理由を説明して国籍留保の届出をすることが可能な場合もあります。


2.国籍留保届けを3ヶ月以内にせず、また、期間経過後の届出も受理されなかった場合、出生の時にさかのぼって日本国籍を失います。しかしながら、以後、ずっと日本国籍を取得できないかというと、そうではありません。次の条件が揃えば、帰化ではなく、簡単な手続きによって日本国籍の取得が可能です。


(1)20歳未満であること
(2)日本に住所を有すること





Q5 

私は日本人男性で、1年前に外国人女性と結婚しました。妻には離婚歴があり、10歳になる子供がいます。私は2人を日本に呼んで3人で一緒に生活したいと思っていますが、ビザはどうなるのでしょうか。



A5 

日本人と結婚した外国人には、「日本人の配偶者等」のビザが発給されます。そして、次の条件を満たせば、その「連れ子」には定住者ビザが交付されると思われます。いわゆる「定住者告示」の告示第6号に該当するケースです。


(1)親が日本人の配偶者であること
(2)親が日本人の配偶者等のビザで日本に滞在していること
(3)本人が外国人の親の実子であること
(4)本人が未成年であること
(5)本人が結婚していないこと
(6)本人が扶養を受けて生活すること