入国管理局へのビザ申請 外国人の雇用、招へい、永住 日本国籍・帰化 日本観光・商用ビザ 国際結婚・離婚 オーバーステイ 会社設立

国際結婚

婚姻要件具備証明書(独身証明書)の入手が難関です。



「国際結婚」という言い方は、法律上の用語ではありませんが、一般に国籍の異なった人同士が結婚することを言います。結婚は男女の愛情に基づいた合意で個人対個人の問題ですが、結婚後の夫婦の名前、宗教、国籍、戸籍、親子関係、教育、ビザなど両国の法律や習慣の違いから国際結婚には様々な問題が生じます。ですから、国際結婚が“愛”だけでは済まないこともまた事実なのです。


ここでは、国際結婚の手続きについて2通りの方法を紹介します。



■日本で結婚する場合


(1)日本の役所に必要書類を提出し、日本で結婚を成立させる。その後、日本で結婚したことを相手国(通常、日本にある相手国の大使館や領事館)に報告する。


(2)(1)の逆パターンです。まず、相手国(通常、日本にある相手国大使館や領事館)で結婚を成立させ、相手国から結婚証明書を入手します。そして、結婚証明書を日本の役所に提出します。




■外国で結婚する場合


その国の定める方式で結婚をして、結婚証明書を入手します。現地の日本大使館(領事館)に結婚証明書を提出する。あるいは、帰国後、結婚証明書を日本の役所に提出する。



最初に日本の役所に婚姻届を提出し、その後、相手国に結婚した事実を届け出る場合に準備する書類は、概ね次の通りです。



1.婚姻届
成年の証人が2人必要なのは日本人の場合と同じです。署名以外は代筆OKですが、記入は日本語です。


2.戸籍謄本
日本人について必要です。本籍地のある市区町村に届け出る場合は不要です。


3.パスポート
外国人の国籍を証明するものとして提示を求められます。



4.婚姻要件具備証明書(こんいんようけんぐびしょうめいしょ)
外国人が本国の法律によって結婚できる条件を備えていることを証明する書類(結婚可能年齢に達している、重婚ではない等の証明)です。

日本では戸籍がこれにあたります。この証明書が発行されない国では、宣誓供述書(Affidavit)、申述書、独身証明書などの書類を提出します。婚姻届の書類で最も苦労するのが婚姻要件具備証明書の取得です。


婚姻届がなされると日本人同士の場合、夫婦だけの新しい戸籍がつくられますが、国際結婚では日本人の戸籍の身分事項欄に外国人配偶者と結婚した旨の記載がなされます。この戸籍(婚姻届受理証明書)を日本にある相手国の大使館などに届け出ることによって両国での結婚が成立します。


日本人の戸籍に外国人配偶者の記載がされたら、地方入国管理局へビザ申請をします。本国にいる配偶者を呼び寄せるには、「在留資格認定証明書」の申請です。申請に必要な書類は次の通りです。



1.在留資格認定証明書交付申請書
2.写真(縦4センチ×横3センチ)1枚
3.戸籍謄本(婚姻届受理証明書)
4.外国人配偶者のパスポートのコピー
5.日本人の住民票
6.外国人の出生証明書と相手国の結婚証明書
7.外国人又は配偶者の職業、収入に関する証明
8.2人が写っているスナップ写真など
9.質問書、結婚経緯の理由書、親族の概要
10.その他




国際結婚Q&A



Q1 

私は日本人女性です。お付き合いしている外国人男性からプロポーズされています。彼の誠実な人柄に惹かれ、結婚したいと思っていますが、彼はオーバーステイです。私たちは法律上、結婚できますか。また、いつ国外追放されるか心配です。どうすればよいでしょうか。



A1

オーバーステイであることと、結婚は別問題ですから、法律上有効に結婚できます。必要書類は、通常の国際結婚カップルが準備するものと基本的に同じと考えて下さい。ただし、パスポートの有効期限が切れている、外国人登録をしていない、他人名義のパスポートを使用しているなどの場合は、通常より必要書類が増え、また、手続きが煩雑になります。
 結婚してもオーバーステイであることに変わりありませんので、退去強制される可能性がありますが、「在留特別許可」をすることによって適法に日本滞在する道もあります。


*「在留特別許可」とは、法務大臣が特別な事情を考慮して、退去強制に当てはまる外国人に日本への在留を認めるものです。





Q2 

私たちは、中国に住んでいる日本人カップルです。この度中国で結婚するつもりですが、結婚の手続きはどうすればよいでしょうか。


A2 

次の3つの方法があります。


(1)中国で決められた結婚手続きに従って結婚をし、結婚証明書を入手します。日本の戸籍に結婚したことを記載するため、3ヶ月以内に結婚証明書を在中国日本大使館(領事館)か日本の本籍地の役所へ届出をします。


(2)日本の大使館(領事館)に結婚届を提出します。外交婚、領事婚と呼ばれる方式です。


(3)本籍地の役所に必要書類と共に婚姻届を提出します。