入国管理局へのビザ申請 外国人の雇用、招へい、永住 日本国籍・帰化 日本観光・商用ビザ 国際結婚・離婚 オーバーステイ 会社設立

4.日本に永住、日本人になる

永住者になる、日本国籍をとるための条件とは?

(1)日本の永住権を手に入れる、(2)日本へ帰化する---この2つは日本で生活する多くの外国人にとっての最終目標であり、憧れです。




外国人は、永住許可が与えられれば日本に永住でき、無期限(ビザ更新の必必要がない)に日本滞在できます。また、ビザを気にせず、好きな仕事についたり、会社を経営することもできます。しかし、日本国籍を取得するわけではありませんから参政権はありません。


「永住と帰化のどちらが得か?」とのよく聞かれますが、損得の問題ではなく、その外国人の生活形態、人生・将来設計などでどちらを選ぶのか決めて下さい。


帰化をした場合、母国の国籍を捨てることになります。そして、日本人になるわけですから、選挙・被選挙権、公務員になれる、教育、福祉、年金など日本人と同等の権利を当然受けられます。また、就職、結婚など人生の節目に国籍を気にする必要もなくなります。


一方、日本人になると、仕事で日本と母国を行き来する場合などに不都合が生じるかもしれません。特に貿易関係の仕事をしている外国の人は永住を選択する例が多いです。永住ならば日本がいやになったら本国に帰れる可能性もあります。帰化は母国の国籍を捨て、日本人になることです。永住と帰化のどちらにするか迷っている場合は、まず永住してはどうでしょうか。永住して何年か生活してから帰化申請して日本人になっても遅くないと思います。


帰化と永住のどちらが簡単ですか、との質問もよくあります。ご本人の国籍、在留状況などによりますので、これもケースバイケースです。





〜永住許可の申請基準〜


(1)就労ビザからの永住

10年以上継続して日本滞在
就労系資格に変更後5年以上の日本滞在
もっとも長い在留期間を所持していること(例:技能→3年)



(2)日本人の配偶者等ビザ(配偶者ビザ、結婚ビザ)からの永住

★日本人との結婚の場合(AかBのどちらか)
A.結婚後3年以上の日本滞在
B.海外で同居、結婚の実績がある場合は、結婚後3年以上経過、かつ日本  滞在1年以上
*3年許可を持っていること

★日本人の実子(日系人)の場合
概ね日本滞在1年以上
3年許可を持っていること


(3)定住者ビザからの永住
定住許可後、5年以上の日本滞在
3年許可を持っていること




〜帰化許可の申請基準〜

(1)住所要件

〔普通帰化〕
引き続き5年以上日本に住所を有すること

〔簡易帰化〕
A.引き続き3年以上日本に住所を有する等

B.結婚の日から3年を経過し、引き続き1年以上日本に住所を有する等

C.元日本人で日本に住所を有する等


(2)能力要件

20歳以上で本国法によって能力を有すること。(但し、一家揃って帰化申請する場合、未成年の子供が家族に含まれるケースでは、この要件は問われません。)



(3)素行要件

素行が善良であること


(4)生計要件

自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること


(5)国籍要件

国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと


(6)思想要件

日本政府を暴力で破壊することを企てたり、主張する等の団体を結成したり、加入したことがないこと


(7)日本語能力要件(法律の定められた要件ではありません。)

小学校2〜3年生程度の読み書き