入国管理局へのビザ申請 外国人の雇用、招へい、永住 日本国籍・帰化 日本観光・商用ビザ 国際結婚・離婚 オーバーステイ 会社設立

文化活動

文化活動(Cultural Activities)

■該当する外国人


1.収入を伴わない学術上の活動
  例)外国の大学の教授が日本で無報酬で調査・研究をする活動

2.収入を伴わない芸術上の活動

3.日本に特有の文化や技芸について専門的な研究を行う活動

4.日本に特有な文化や技芸について専門家の指導を受けてこれを習得する 
 活動

*生け花、茶道、柔道など


■在留期間



1年又は6カ月




■申請書類



●在留資格認定証明書の取得



1.在留資格認定証明書交付申請書

2.写真1枚(縦4cm×横3cm)

3.以下のA、Bのいずれか


A)学術上若しくは芸術上の活動を行い、又は我が国特有の文化若しくは技芸について専門的な研究を行おうとする場合



ア 活動の内容及び期間並びに当該活動を行おうとする機関の概要を明らかにする資料

・(例)申請人又は受け入れ機関が作成した活動内容を証する文書

・案内状



イ 学歴、職歴及び活動に係る経歴を証する文書

・(例)卒業証明書、卒業証書の写し、在職証明書

・(例)推薦状、報道記録、入選などの実績、作品目録など



ウ 経費支払証明書

(例)残高証明書、奨学金給付の証明書など



B)専門家の指導を受けて我が国特有の文化又は技芸を修得しようとする場合はAにあげた書類以外に、その専門家の経歴及び業績を明らかにする資料



●在留期間の更新



1.在留期間更新許可申請書

2.旅券・外国人登録証明書

3.活動の内容及び期間並びに活動を行おうとする機関の概要を明らかにす  る資料

・(例)申請人又は受け入れ機関が作成した活動内容を証する文書

・案内状



4.経費支払証明書

(例)残高証明書、奨学金給付の証明書など



●在留資格の変更



1.在留資格変更許可申請書

2.旅券及び外国人登録証明書

3.以下のA、Bのいずれか


A)学術上若しくは芸術上の活動を行い、又は我が国特有の文化若しくは技芸について専門的な研究を行おうとする場合



ア 活動の内容及び期間並びに当該活動を行おうとする機関の概要を明らか  にする資料

・(例)申請人又は受け入れ機関が作成した活動内容を証する文書

・案内状



イ 学歴、職歴及び活動に係る経歴を証する文書

・(例)卒業証明書、卒業証書の写し、在職証明書

・(例)推薦状、報道記録、入選などの実績、作品目録など


ウ 経費支払証明書

(例)残高証明書、奨学金給付の証明書など



B)専門家の指導を受けて我が国特有の文化又は技芸を修得しようとする場合はAにあげた書類以外に、その専門家の経歴及び業績を明らかにする資料


*個別の事情に応じ、上記以外の資料を追加提出する場合があります。